野口日宇満宣教師・野口佳奈宣教師

定期帰国報告会(インドネシア派遣)

日本バプテスト連盟からインドネシアへ派遣されている野口日宇満宣教師・野口佳奈宣教師は、今年度から5年目の働きに入りました。昨年、働きの場である神学校や奉仕している教会があるスマランへ引越しをいたしました。日宇満師はインドネシア・バプテスト神学校の集中講座を担い、また所属教会で英語やインドネシア語を用いたメッセージを語り、働きを進めています。佳奈師は、教会の女性会でメッセージや訪問などの活動を通して交わりが広がっています。

このたび、6月下旬からの定期帰国に伴い、札幌教会で報告会を行います。どなたでもどうぞご参加ください。

 

日時:2018年7月15日 15時~17時

   15~16時:報告会 / 16~17時:礼拝(メッセージ:野口日宇満宣教師)

 

野口 日宇満(のぐち ひゅうまん)

福岡県に生まれる。

1981年 福岡新生キリスト教会にて受浸

1998年 西南学院大学神学部入学

2002年 ゴールデンゲート神学校神学修士課程修了

2010年 聖学院大学院博士後期課程修了

2004~2014年 多摩川キリスト教会牧師

2013年度第3回理事会にて連盟国外伝道宣教師任命

趣味:旅行(新しい土地に行くこと)、写真、家族で映画・ビデオ鑑賞(最近は懐かしい「大草原の小さな家」シリーズ)

 

野口 佳奈(のぐち かな)

島根県に生まれ福岡で育つ。

1996年 熊本県立大学文学部卒業

    特別養護老人ホームにて勤務

2004年 福岡新生キリスト教会にて受浸

2014年度第1回理事会にて連盟国外伝道宣教師任命

趣味:読書、ウォーキング、ラジオ体操

 

 

主催:日本バプテスト連盟宣教部 / 企画・協力:札幌バプテスト教会

協力:北海道バプテスト連合 / 協力:日本バプテスト女性連合