<札幌バプテスト教会>

 札幌バプテスト教会は、日本バプテスト連盟に加盟しているキリスト教会です。当教会は1952年より宣教師を中心に伝道を開始し、翌1953年5月17日に、現在の旧会堂の土地において教会組織しました。同年11月には会堂が完成。また、小樽バプテスト教会、平岸バプテスト教会、西野バプテスト教会、リビング・ホープ教会の設立にも携わってきました。2008年には現在の新会堂を建築し、礼拝を捧げ続けています。

 1954年 には教会付属の「ひかり幼稚園」を開設。キリスト教精神に基づいた幼児教育を実施し、地域の多くの子どもたちの成長を見守ってきました。その他にも地域向 けの活動として、フリースクールの札幌コイノニア学園、ママさんコーラスグループのアシュレー・コール、剣道場、英語道場、共同保育のまめクラブなど、 様々な取り組みを行ってきました。その働きを終えた活動もありますが、これからも地域に開かれ、地域に浸透する教会でありたいと願っています。

<バプテスト>

 バプテストはプロテスタント派に属する教派です。プロテスタントは16世紀の宗教改革によってカトリックから分離して誕生した宗派の総称です。バプテスト派は17世紀の初めにイギリスで誕生し、やがてアメリカに渡って成長し、宣教師によって日本へと伝えられました。

 バプテスト派の特徴としては、「聖書の重視」「キリスト中心」「信仰者のバプテスマ」「浸礼の尊重」「万人祭司と民主的な教会運営」「各個教会主義」「政教分離の原則」などが挙げられます。

 

<日本バプテスト連盟>

 アメリカの南部バプテスト連盟は、1889年から日本に宣教師を派遣し、九州を中心とした伝道を始め、各地に教会を建てました。1903年には西部組合が組織されましたが、国の政策に応じて第二次世界大戦直前に日本基督教団に合同し、国家総動員による戦争協力体制を担いました。日本の敗戦後の1947年4月、日本基督教団から離脱した16教会によって総会が行われ、日本バプテスト連盟が結成されました。現在は約280の教会が加盟しています。

 日本バプテスト連盟の協力事業体には、西南学院(福岡)、西南女学院(福岡)、日本バプテスト病院(京都)、天城山荘(静岡)があります。

 

※当教会は、エホバの証人(ものみの塔)、統一教会、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)とは一切関係ありません。それらの事でお困りの方はご相談ください。